中国旅行業者に北九州PR アジア最大級クルーズ船初寄港 [福岡県]

ひびきコンテナターミナルに初寄港したクルーズ船
ひびきコンテナターミナルに初寄港したクルーズ船
写真を見る

 アジア最大級のクルーズ船「ノルウェージャン・ジョイ」(16万7725トン)が18日、若松区のひびきコンテナターミナルに初寄港した。中国の旅行会社関係者約2400人が乗船しており、北九州市は地元の魅力PRに努めた。

 クルーズ船は16日に中国・天津を出港し、この日午前8時半に寄港。歓迎式典で今永博副市長が「北九州に何度も来て」とあいさつし、小倉城をあしらった盾を船長に贈った。乗組員も合わせ約4千人がバス75台で商業施設や小倉城を観光し、夕方に天津へ出港した。市は観光情報をまとめた中国語版の電子資料も初めて提供。大浦太九馬クルーズ誘致係長は「たくさんの観光客に来てもらえれば」と話した。

=2017/06/19付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]