英語学べる漫画が人気 岡垣町国際交流員隔月発行1年 猫が主人公の「キティチャット」 [福岡県]

作品を前に笑顔を見せるテゥリン・モントゴメリーヒューズさん。「英語が楽しく学べます」と話す
作品を前に笑顔を見せるテゥリン・モントゴメリーヒューズさん。「英語が楽しく学べます」と話す
写真を見る

 英語を楽しく学んでもらおうと、岡垣町の国際交流員、テゥリン・モントゴメリーヒューズさん(29)が英語版と日本語版の同じ漫画作品を制作している。クスッと笑えるオチのある作品は町役場や岡垣サンリーアイなど町内の公的施設で無料配布し、1年になる。英語を読んで内容が理解できたか日本語でチェックできるため「楽しく読めて勉強になる」と、年齢を問わず人気を集めている。

 モントゴメリーヒューズさんはオーストラリアのニューサウスウェールズ出身。伯母が日本人で、幼い頃から日本の漫画や妖怪などに興味があったという。高校、大学で映画など日本文化を学び、九州大に留学。2016年7月から岡垣町に勤務し、イベント企画や英会話教室の講師などを務める。

 漫画は昨年2月からほぼ隔月で発行し、現在はB6サイズの8ページ。作品名は「キティチャット」で、モントゴメリーヒューズさんの飼い猫がモデルというネコが主人公。正月や梅雨、ハロウィーンなど季節感のあるテーマを選び、簡単な英語を用いて起承転結のあるストーリーにしている。

 高校生の頃、人気漫画「ワンピース」の英訳版と原本を見比べ、日本語を学んだ経験から「漫画は英語学習にも役立つ」と思い立ったという。「漫画を描いたことはなかったが、子どものころからネコのイラストを描き続けてきた経験を生かした」と話している。

 「キティチャット」は町のホームページにも掲載している。

=2018/02/06付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]