スペースワールド跡地でイオンが21年開業 正式発表 [福岡県]

 イオンモール(千葉市)は18日、昨年末に閉園したスペースワールド(SW、北九州市八幡東区)の跡地23万平方メートルに計画する大型複合施設を2021年に開業すると発表した。土地を所有する新日鉄住金との間で16日に賃貸借の仮契約を結んだ。

 イオンモールは、遊具の撤去などが完了する18年末以降に正式契約を結び「買い物、娯楽、文化、食を融合させた施設」を整備する意向。新日鉄住金関連会社から隣接地4万平方メートルも合わせて借り、大型駐車場とする方針も明らかにした。出店店舗は決まり次第、段階的に公表するという。

 スペースシャトルの実物模型などSWに残る施設の活用計画はなく「更地で引き渡しを受ける」と説明。イオンモール幹部は「観光客を呼ぶため『体験型』を重視する。新施設を北九州のランドマークにしたい」と語った。福岡県の小川洋知事、北九州市の北橋健治市長は18日、両社から報告を受け、イオンモールに雇用やにぎわい創出を要請した。2人は同市小倉北区のホテルで記者会見し「国内外の人が楽しめる観光拠点になってほしい」と述べた。

=2018/02/19付 西日本新聞朝刊=

・「北九州のランドマークに」 SW跡地の複合施設21年開業 イオンモール担当者一問一答

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]