晴天下風景楽しみ快走 北九州マラソン [福岡県]

関門橋(奥)を背景に、門司港の海岸沿いを走るランナーたち
関門橋(奥)を背景に、門司港の海岸沿いを走るランナーたち
写真を見る
マラソン男子で優勝した川内優輝選手
マラソン男子で優勝した川内優輝選手
写真を見る
マラソン女子で優勝したリンダー・ジャンタチット選手
マラソン女子で優勝したリンダー・ジャンタチット選手
写真を見る

 澄み切った青空の下をランナーたちがさっそうと駆け抜けた-。18日に開かれた「北九州マラソン2018」。過去最多の1万2377人が出場し、小倉城や関門橋など、北九州市ならではの風景を楽しみながら走った。沿道にはファンら約27万人(主催者発表)が詰め掛け、「頑張れー」「ファイトー」と声援を送った。5回目の節目を迎えた大会を写真で振り返った。

 マラソン男子優勝の川内優輝選手(埼玉県庁)の話 目標だった大会新記録(2時間11分46秒)を出せてうれしい。コース設定も素晴らしかった。広い道が続き、走りやすかった。また北九州で走りたい。

 マラソン女子優勝のリンダー・ジャンタチット選手(タイ)の話 自己ベストを更新できるとは思わなかった。寒かったがよく走れた。沿道から「タイ」という声が聞こえてうれしかった。

=2018/02/21付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]