黒崎に人気パン店集合 25、26日に「あんぱんパーク」 [福岡県]

「あんぱんパーク黒崎」をPRするチームストーリーの時松順代表(右)たち
「あんぱんパーク黒崎」をPRするチームストーリーの時松順代表(右)たち
写真を見る

 北九州市八幡西区のJR黒崎駅ペデストリアンデッキで25、26の両日、北九州市内外の人気パン店など計16店舗が集まるイベント「あんぱんパーク黒崎」が開かれる。パン店のイベントは近年、各地で人気を集めており、黒崎地区にも人を呼び込もうと、地元の異業種団体「チームストーリー」(約20人)が企画した。

 同デッキは、民間のイベントなどに公道を開放する国家戦略特区の認定を受けており、特区事業の一環として開催する。市内と添田町、朝倉市のパン店9店舗と、ドリンクやスイーツを販売する5店舗が出店。パン店はいずれも小麦粉などにこだわった人気店で、「あんぱん」を最低1種類販売するルールを設けた。

 チームストーリー代表の時松順(すなお)さん(32)は「あんぱんが好きな人に来てもらい、黒崎地区のにぎわいにつなげたい」と話す。

 両日とも午前11時~午後7時。売り切れ次第終了。荒天中止。

 関連イベントとして26日、父親と子どものコミュニケーションなどを支援するNPO法人「ファザーリング・ジャパン九州」(福岡市博多区)が、段ボールを使って親子で工作するワークショップも開く(1組500円)。

=2018/05/11付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]