「仮面ライダービルド」劇場版、小倉でロケ エキストラ3000人 市役所前大通りを9時間封鎖 [福岡県]

約3000人のエキストラを前に姿を見せた仮面ライダービルド。大きな歓声が上がり、大盛り上がりだ
約3000人のエキストラを前に姿を見せた仮面ライダービルド。大きな歓声が上がり、大盛り上がりだ
写真を見る
北九州市役所(左の建物)前で行われた「仮面ライダービルド」劇場版のロケ。エキストラが封鎖された道路を埋め尽くした
北九州市役所(左の建物)前で行われた「仮面ライダービルド」劇場版のロケ。エキストラが封鎖された道路を埋め尽くした
写真を見る

 子どもたちに大人気の「仮面ライダービルド」の劇場版ロケが12日、小倉北区の北九州市役所前の大通りで行われた。青天に恵まれ、ロケ現場近くには特別観覧スペースが設置され、周辺は大勢のライダーファンや親子連れでにぎわった。大通りは、約3千人のエキストラで埋まった。

 ロケは、通りを午前中から約9時間封鎖して行われた。東映の大森敬仁プロデューサーによると、撮影された場面は、劇場版のオープニングなどで使われる重要なシーンという。「長時間にわたって一般道を封鎖するという、他都市では不可能な状況で撮影できた。北九州市の協力のおかげ」と感謝した。

 市役所前の現場は、主役の犬飼貴丈さんや仮面ライダービルドが登場し、大盛り上がり。エキストラとして、親子で宗像市から参加した伊藤美香さん(39)は「仮面ライダーが好きなので、お出かけがてら参加しました」と笑顔。息子の健ちゃん(5)は「本物のライダーを見られて良かった」と喜んだ。

 北九州市でのロケは17日まで続き、ミクニワールドスタジアム北九州や門司港レトロ地区など計11カ所で撮影が行われる。北九州での撮影シーンは、劇場版の半分近くを占めるという。

 製作は劇場版「ビルド・ルパパト」製作委員会。8月4日から全国で公開される。

=2018/05/13付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]