「あしや体験隊」好評 和服で「お茶会」やニジマス釣り 芦屋町観光協会、6月は梅干し作り [福岡県]

人気を集めたプロカメラマンによる和服姿での撮影(芦屋町提供)
人気を集めたプロカメラマンによる和服姿での撮影(芦屋町提供)
写真を見る

 芦屋町の魅力を体感してもらう「あしや体験隊」が人気を集めている。プロによる和服着付け後の「お茶会」や、ニジマス釣りなどをこれまでに開催。今月は芦屋産の「赤しそ」を使った梅干し作りなどを予定している。

 「体験隊」は2014年度、町の事業としてスタート。今年から町観光協会に移管された。町内の企業や公共施設と連携し、プログラムを開発している。

 5月までに、化粧品などの開発販売会社「パルセイユ」(芦屋町山鹿)の工場見学と同社での化粧水作り▽ピラティス体験▽大根キムチ作り▽レジャープール「アクアシアン」(同町芦屋)でのニジマス釣り体験-などを実施。

 特に人気が高かったのは、町内の美容室で和服を着付けてもらった後、日本庭園のある町の文化施設「芦屋釜の里」(同町山鹿)で抹茶を一服できるプログラム(5500円)。プロカメラマンによる撮影(5千円)も追加でき、約20人の女性が参加したという。

 今後、月に1~2プログラムを予定していて、町観光協会は「特色あるメニューを今後も開発していくので、ぜひ体験してほしい」と呼び掛けている。

 問い合わせや申し込みは芦屋町観光協会=093(221)1001。

=2018/06/06付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]