「大學堂」10周年、名所に成長 旦過市場 8日まで記念イベント [福岡県]

5日夜に開かれた「大學堂」の10周年記念イベントの前夜祭ライブ
5日夜に開かれた「大學堂」の10周年記念イベントの前夜祭ライブ
写真を見る

 小倉北区の旦過市場内で北九州市立大の学生たちが運営する交流拠点「大學堂(だいがくどう)」が7日、10周年を迎えた。「北九州の台所」の中で、市場と連携した取り組みなどを通して人気スポットに成長。節目を記念して8日まで、ライブや即興演劇のイベントがある。

 大學堂は2008年7月7日に開設。人類学が専門の竹川大介教授や、学生グループ「九州フィールドワーク研究会」が運営に携わる。09年に販売を始めた「大學丼」は、客が市場で購入したおかずを丼飯として食べる。外国人が楽しむなど名物になった。市場の店主を講師に迎えた「達人講座」も15~16年に開講した。

 記念イベントではライブ、舞踊と朗読のコラボレーションなどがある。企画を担当した文学部4年の木村涼葉さん(21)は「たくさんの人が関わってきた大學堂の『らしさ』が伝わればうれしい」と話している。

 8日は午前11時から。観覧は無料だが、投げ銭制となる。

=2018/07/08付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]