夏空に響く小倉祇園太鼓 競演大会 [福岡県]

「ヤッサヤレヤレ」の掛け声に合わせ、華麗なばちさばきを披露する打ち手たち=21日午後7時ごろ、北九州市小倉北区
「ヤッサヤレヤレ」の掛け声に合わせ、華麗なばちさばきを披露する打ち手たち=21日午後7時ごろ、北九州市小倉北区
写真を見る

 約400年の伝統を誇る北九州市の夏祭り「小倉祇園太鼓」のメイン行事「競演大会」が21日、同市小倉北区の小倉城大手門前広場で開かれた。町内会や企業などでつくる約80チームが、見事なばちさばきで夏空に太鼓の音を響かせた。

 参加者は、チームごとにそろいの法被や浴衣姿で登場。「ジャンガラ」=すり鉦(がね)=のリズムや「ヤッサヤレヤレ」の掛け声に合わせ、山車に据えた太鼓を打ち、音や足さばきなどの技を競った。

 祭りは22日午後6時半から、市中心部を約4千人が山車約70台と巡る「廻(まわ)り祇園」でフィナーレを迎える。

=2018/07/22付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]