小倉藩ワインを論文に 元学芸員が発表 江戸初期、細川忠利命じ犀川大村で [福岡県]

研究成果をまとめた北九州市立自然史・歴史博物館の元学芸員永尾正剛さん
研究成果をまとめた北九州市立自然史・歴史博物館の元学芸員永尾正剛さん
写真を見る
永尾正剛さんの論文・細川小倉藩の「葡萄酒」製造
永尾正剛さんの論文・細川小倉藩の「葡萄酒」製造
写真を見る
葉を付け始めたつるを挿し木して育てられるガラミ(5月、みやこ町犀川)
葉を付け始めたつるを挿し木して育てられるガラミ(5月、みやこ町犀川)
写真を見る

 豊前小倉藩時代の細川家に詳しい北九州市立自然史・歴史博物館(八幡東区)の元学芸員、永尾正剛さん(71)=行橋市中央3丁目=が、藩主の細川忠利(1586~1641)が家臣に命じ、みやこ町犀川大村地区でぶどう酒を造ったとする、これまでの研究成果を論文「細川小倉藩の『葡萄(ぶどう)酒』製造」にまとめた。日本で本格的なぶどう酒(ワイン)造りは明治期に始まったとされるが、歴史がさかのぼる可能性がある。

 細川家は関ケ原の戦いの功で1600年代初めの約30年間、豊前(福岡県)を治めた後、肥後(熊本県)に移った。元首相の細川護熙氏は子孫に当たる。

 永尾さんは「小倉藩の礎を築いた細川家の業績を明らかにしよう」と、細川家が文化財を管理・研究して展示する永青文庫(東京)に着目。1980年ごろ、同文庫の古文書を保管していた熊本大付属図書館(熊本市)に通い、藩主の命令を記録した「奉書」などを調べ、「ふたう酒(ぶどう酒)」の記述を見つけた。

 同館の研究報告書として発表された論文によると、細川家のぶどう酒造りは、忠利が家臣の上田太郎右衛門に命じ、江戸初期の1627(寛永4)~30(同7)年に行われた。製造地は、太郎右衛門の領地があった仲津郡大村(現・みやこ町犀川大村)で、原料はガラミ(ブドウ科のエビヅル)。29(同6)年には、ぶどう酒2樽(たる)(容量不明)が小倉に届けられたとの記述もあった。肥後でのぶどう酒製造記録は見つからなかったという。

 以前、永尾さんは永青文庫関係者に紹介され連絡してきた護熙氏に対し、ぶどう酒の製造地などを説明。それをきっかけに、情報誌「BRUTUS」の2015年10月15日号に、みやこ町でのワイン製造に関する護熙氏のインタビュー記事が掲載された。永尾さんは「古文書だけではみやこ町を日本のワインのルーツと判断するのは難しい」と指摘。「製造の経緯や目的などの詳細を明確にするのが今後の課題」としている。

 北九州・京築地区では、北九州市が政府から「ワイン特区」の認定を受けて、地元産ワインのブランド化に着手。一方、みやこ町のまちおこし団体「NPO法人・豊津小笠原協会」(川上義光理事長)なども、大村地区周辺で自生のガラミの種を採取、栽培してワイン醸造を目指している。

=2018/07/28付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]