デザインマンホール6種類を若松に設置 北九州市 [福岡県]

お披露目されたデザインマンホール
お披露目されたデザインマンホール
写真を見る

 下水道事業開始100周年を記念して北九州市は、市の下水道発祥の地である若松区に、地域の特色を盛り込んだ6種類のデザインマンホールを設置した。郷土芸能「五平太ばやし」などを描いた色鮮やかなマンホールが市民から好評だ。

 デザインマンホールは、直径約60センチで7月21日に公開された。意匠は、地元商店街などの意見を基に決定。毎年多くの市民でにぎわう「くきのうみ花火の祭典」や、区のシンボル的な建物である旧古河鉱業若松ビルも描いた。若松区中心部の中川通り周辺歩道に設置している。

=2018/08/22付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]