台風24号、強風で2人けが 北九州・京築 欠航や休館相次ぐ [福岡県]

台風24号の影響で堤防を乗り越え、打ち寄せる波=30日午後2時半ごろ、豊前市宇島の周防灘
台風24号の影響で堤防を乗り越え、打ち寄せる波=30日午後2時半ごろ、豊前市宇島の周防灘
写真を見る
午後1時50分から3時間通行止めになった若戸大橋=30日午後3時10分ごろ、若松区
午後1時50分から3時間通行止めになった若戸大橋=30日午後3時10分ごろ、若松区
写真を見る
水量が増し、濁った水が勢いよく流れる祓川=30日午後4時、みやこ町犀川上伊良原
水量が増し、濁った水が勢いよく流れる祓川=30日午後4時、みやこ町犀川上伊良原
写真を見る
山陽新幹線が一部で運行見合わせとなり、JR小倉駅では、運行状況を確認する人の姿が見られた=30日午前10時すぎ、小倉北区
山陽新幹線が一部で運行見合わせとなり、JR小倉駅では、運行状況を確認する人の姿が見られた=30日午前10時すぎ、小倉北区
写真を見る

 台風24号の接近により、北九州・京築地区では30日、交通に乱れが生じた。日曜のこの日、スポーツや文化などのイベントも多く予定されたが、風雨を警戒して取りやめが相次いだ。各地に自主避難所が開設され、一部住民が身を寄せた。北九州市内では強風にあおられ2人が負傷した。

 北九州市によると、負傷した門司区の90代の女性は路上で転倒。八幡西区の60代の女性は、マンションの外階段から転落した。いずれも軽傷という。小倉北区では民家の外壁が横5メートル、縦1メートルにわたって崩落。小倉南区などでは街路樹の倒木もあった。

 北九州空港では、羽田を結ぶ便などで一部が欠航した。北九州市と四国や関西を結ぶフェリーも運休する便があったほか、小倉北区浅野と同区の藍島などを結ぶ北九州市営渡船小倉航路も欠航した。

 陸路も影響があり、JR西日本によると、山陽新幹線は新大阪-広島間で運転を見合わせた。JR小倉駅の改札口では、本州方面への運行状況を確認する人の姿が見られた。名古屋市の会社員男性(25)は「知人の結婚式が北九州でありきょう帰る予定だったが、仕方がないので明日まで会社を休む」と肩を落とした。

 若松区と戸畑区を結ぶ有料道路「若戸大橋」は強風のため午後1時50分から3時間、通行止めに。皿倉登山鉄道(八幡東区)は、皿倉山ケーブルカーとスロープカーの運行を休止した。

 イベントの中止も相次いだ。小倉北区の勝山公園では、学生約400人が参加予定の「勝山公園大学対抗運動会」が中止に。八幡西区では、高校生約300人が参加予定だった第31回高校揮毫(きごう)大会(九州女子大主催)も中止になった。豊前市の水産振興施設「うみてらす豊前」や上毛町の「道の駅しんよしとみ」は臨時休業。みやこ町歴史民俗博物館や苅田町総合保健福祉センター「パンジープラザ」は臨時休館した。

 また、原子力発電環境整備機構(NUMO)などが小倉北区の西日本総合展示場で予定していた、原発から出る高レベル放射性廃棄物の地層処分に関する住民説明会も中止となった。

 地場航空会社スターフライヤー(小倉南区)は、学生ら49人が参加予定だった1日の内定式を11月に延期した。

=2018/10/01付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]