華麗ランウエー大歓声 東京ガールズコレクション北九州 「私も歩きたい」1万3200人陶酔 [福岡県]

観客に手を振りながらランウエーを歩くモデルたち
観客に手を振りながらランウエーを歩くモデルたち
写真を見る
「小倉織」の着物に身を包んだ中条あやみさん
「小倉織」の着物に身を包んだ中条あやみさん
写真を見る
モデルの最終チェックを行う北九州市立大の山田愛理さん
モデルの最終チェックを行う北九州市立大の山田愛理さん
写真を見る

 まばゆいばかりの先端ファッションに身を包んだモデルたちが、ランウエーを華麗に歩く。6日、小倉北区の西日本総合展示場新館で開かれた「東京ガールズコレクション(TGC)KITAKYUSHU2018」。台風25号の接近にもかかわらず、会場には若い女性を中心に約1万3200人が詰め掛け、国内最大級のファッションの祭典に酔いしれた。

 ステージでは、4時間以上にわたって熱いショーが繰り広げられた。洋服ブランドに身を包んだモデルたちが、音楽と照明に合わせてランウエーに登場。ゲストの土屋アンナさんや、ダレノガレ明美さんらが姿を現すと、会場の熱気は高まった。小倉南区から訪れた斉藤瑠香さん(22)は「私もランウエーを歩いてみたい」と目を輝かせた。

 午後3時すぎには、オーディションで選ばれた一般のカップル4組が登場する「WEDDING COLLECTION」が幕開け。美しい白のウエディングドレスと、タキシードなどに身を包んだカップルが温かい歓声に包まれた。

 会場には「インスタ映え」する写真撮影のためのブースや、福岡ビューティーアート専門学校(福岡市博多区)による特設ブースなどを開設。専門学校生ら約30人が「TGC」のロゴを手の甲に描く「ボディージュエリー」などを来場者に施した。名古屋から友達と訪れた20代女性は、金色のロゴを手の甲に入れた。ロゴを見つめながら「かわいい」と喜んだ。

 ファッションショー以外にも、男性6人組メインダンサー&バックボーカルグループ「超特急」といったアーティストが参加し、会場を盛り上げた。小倉南区の看護師、末広莉央さん(22)は「また来年も絶対に来たい」と笑顔だった。

   ◇    ◇

北九州市立大生がスタイリスト体験

 TGC北九州には、北九州市立大の女子大学生8人が、出演するモデルたちのスタイリストとして参加した。8人は、アパレル企業レディスハトヤ主催のイベント運営体験会で、約1カ月かけ衣装をコーディネートした。山田愛理さんは、ステージに上がる前のモデルを最終チェック。「モデルさんが着てくれて、一つの作品として完成した」と感動した表情を見せた。

=2018/10/07付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]