人気アニメが北九州市発信 11月、ポップカルチャーフェス 繁華街の安全や献血、サッカー [福岡県]

ギラヴァンツ北九州のユニホームを着た「ソードアート・オンライン」のメインキャラクター4人
ギラヴァンツ北九州のユニホームを着た「ソードアート・オンライン」のメインキャラクター4人
写真を見る
シティーハンターの主人公が安全安心をPRするのぼり
シティーハンターの主人公が安全安心をPRするのぼり
写真を見る
献血協力者に贈られる「はたらく細胞」のオリジナルバッジ
献血協力者に贈られる「はたらく細胞」のオリジナルバッジ
写真を見る

 漫画や人気アニメ、コスプレなどの祭典「北九州ポップカルチャーフェスティバル(KPF)」が11月10、11日に西日本総合展示場新館(小倉北区)などで開かれる。今年で5回目。KPFに合わせて、話題のアニメと北九州市がコラボした企画がめじろ押しで、全国から多くのファンが押し寄せる九州最大級のポップカルチャーイベントを盛り上げる。

 コラボ企画は(1)安全安心に楽しめる小倉繁華街のPR(2)若年層への献血の意識浸透(3)サッカーJ3ギラヴァンツ北九州の後押し-を主な柱に実施する。

 (1)では、北九州市出身のマンガ家北条司さんが描く「シティーハンター」と、明朗会計などを掲げる飲食店を動画やサイトでPRする事業「ポッキリー小倉」がコラボ。主人公冴羽(さえば)りょうが安全安心をPRするのぼりを11月4~11日、小倉北区鍛冶町の通りの街路灯に掲示する。加盟店では11月中旬~来年3月末、オリジナルステッカーも掲示する。

 (2)は、白血球や赤血球などの体内細胞を擬人化したアニメで、今夏大ヒットした「はたらく細胞」と「献血ルーム・魚町銀天街」(同区魚町)の企画。献血協力者に作品のオリジナル缶バッジを贈る。若年層に献血への意識を高めてもらう。11月10日からで先着千人。なくなり次第終了する。

 (3)では、世界中のファンを魅了するTVアニメ「ソードアート・オンライン」のメインキャラクター4人が、ギラヴァンツ北九州のユニホームを着たオリジナルイラストを特別制作。チームを後押しする。オリジナルグッズの販売や、11月11日に行われるホーム戦のハーフタイムでは、出演声優2人が登場する。

 市の担当者は「アニメとコラボすることで、市の取り組みを多くの人に発信したい」と話している。

=2018/10/31付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]