「80歳未満お断り」合唱団が人気 入団に一時キャンセル待ちも 北九州 [福岡県]

歌声を響かせる「北九州80歳からの合唱団」=北九州市戸畑区
歌声を響かせる「北九州80歳からの合唱団」=北九州市戸畑区
写真を見る

 80歳未満、お断り-。北九州市で入団資格が「80歳以上」という合唱団が結成され、歌声を響かせている。健康を保つことや生きがいを目的に、当初30人を目標に団員集めを始めたが、予想をはるかに上回る120人が参加。練習場所が手狭になり、一時は入団の「キャンセル待ち」もいたほどの人気だ。今秋から、イベントに出演し、街角でライブを行うなど本格的に活動をしている。合唱団は「施設や病院の慰問もしたい」と張り切っている。

 合唱団は、高齢者向けの健康講座をボランティアで開いてきた常光孝一さん(77)=北九州市戸畑区=が「80歳を過ぎても笑顔でいられる場所をつくりたい」と発案。1月から新聞などで募集したところ「家にいるばかりでは楽しみがない」「介護疲れで息抜きがほしい」と、応募者が次々と集まった。

 平均年齢は83~84歳で、最高齢は90代。名称は「北九州80歳からの合唱団」とし、4月から練習を始めた。つえを突くなど脚の状態が良くない人もいるため、普段はいすに座って練習している。運営に当たる常光さんら12人のボランティアの中には看護師経験者2人も配置した。

 練習場所の収容人数の関係で、「欠員が出たらぜひ加わりたい」という入団待ちが10人以上いたが、後期の活動が始まった10月から参加しているという。

 市の高齢化率(65歳以上)は29・8%と、全国の政令市で最も高い。常光さんは「長寿社会が進む今、年老いてからも笑ったり、他人と触れ合ったりする場所を誰もが求めている」と話す。合唱団は歌うことだけではなく、団員の交流も重視している。

 同市戸畑区のホールを訪れると、約80人が「夕焼小焼」「上を向いて歩こう」などを練習していた。練習は週1回。1時間程度で終えると雑談の時間になり、世間話に花を咲かせる。

 「家ではおばあちゃんだけど、ここでは一番若手よ」。毎週欠かさず参加する木原栄子さん(81)=福岡県遠賀町=は笑った。家にいると何かと気詰まりだった。合唱経験はないが「声を出すと気分転換になる。歌うのがこんなに楽しいとは思わなかった」と、すっかり魅了されている。

 「北九州市少年少女合唱団」の指揮者を約40年間務めた岩崎洋一さん(70)が、合唱指導と指揮をしている。岩崎さんは「年を取っても声帯は衰えない。皆さん80歳以上とは思えない歌声です」と評価する。

 合唱団は9月に市内のイベントで、初めて観衆の前で歌声を披露。JR戸畑駅前で予告なしの「ゲリラコンサート」も行った。12月22日には同市戸畑区の「ウェルとばた」でクリスマスコンサートに出演する。

=2018/11/10付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]