30万球照らす門司港レトロ 「浪漫灯彩」始まる [福岡県]

写真を見る

 歴史的な建造物が集まる門司港レトロ地区(門司区)を色とりどりの電飾で彩る「門司港レトロ浪漫灯彩(ろまんとうさい)」が17日、始まった=写真。来年3月17日まで、はね橋や旧門司税関などがある第一船だまりを中心とした一帯が幻想的な光に包まれる。

 門司港レトロ倶楽部(くらぶ)などでつくる実行委員会が毎年開いており、この日は同区東港町の門司港レトロ中央広場で点灯式を実施。地区内の樹木約150本に飾り付けられた約30万球の電飾が一斉点灯すると、集まったカップルや家族連れから歓声が上がった。

 点灯時間は午後5時半~同10時(12月31日は翌日午前5時まで)。門司港レトロ倶楽部=093(332)0106。

=2018/11/18付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]