「産後デイサービス」始まる 北九州市、託児付きランチなど [福岡県]

「ベビーマッサージ」を体験する親子たち
「ベビーマッサージ」を体験する親子たち
写真を見る

 出産後の育児に追われる母親にリラックスできる時間を提供しようと、託児付きでランチが楽しめる「産後デイサービス」の運営が北九州市で始まった。初日の19日は、八幡西区のカフェで3組の親子が「ベビーマッサージ」を学んだ。

 市商業・サービス産業政策課によると、起業や子育て支援に取り組む有限会社コ・リード(八幡東区、本山晴子社長)が、市の「いきいき健康生活応援!新サービス創出事業」の助成を受け、産後デイサービスなどを有料で手掛ける。

 19日は、保育士でベビーマッサージ教室などを行う瀬井裕美さんが、安眠や脳の発達、消化器官などに効果があるというマッサージの仕方を母親たちに教えた。生後3カ月の長女絆南(はんな)ちゃんと参加した水巻町の渡邉有香さん(36)は「マッサージは初めてですが、子どもが気持ちよさそうだった。一日中、子育てに追われるので、こうしたサービスが受けられるといいですね」と話した。

 今後も戸畑区の歯科や小倉南区のカフェで産後デイサービスを開催。本山社長は「市が推進する『子育てしやすい街』に協力していきたい」と話している。

 コ・リードが運営する「産前産後サポートステーション ビガーファミリー」=080(3980)4333。

=2018/11/20付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]