豊前海一粒かき、水揚げ始まる 豊前市 [福岡県]

「豊前海一粒かき」に付着したフジツボなどを取り除く漁業者
「豊前海一粒かき」に付着したフジツボなどを取り除く漁業者
写真を見る

 豊前市で「豊前海一粒かき」の水揚げが始まった。付着したフジツボなどの貝を取り除いたり、紫外線殺菌をしたりした上で、7日から販売する。

 宇島漁港そばで直売する「海幸丸うめざわ水産」(楳沢健代表)では、5基のイカダで昨年よりも1万5千個多い約5万7千個の種カキを養殖。市内では一部地域でチヌが稚貝を食べる食害も出たが、事前に対策を講じていたためほとんど影響はなかったという。

 楳沢代表は「半年程度、養殖期間を長くしたため、より大きくて甘みのあるカキができた」と話している。大きさによって1キロ当たり600~千円で販売。海幸丸うめざわ水産=0979(83)3878。

   ◇    ◇

 豊前市の豊築漁協は19日から、市の水産振興施設「うみてらす豊前」で販売。来年1月9日から、敷地内の浜焼き小屋で豊前海一粒かきや豊前本ガニなどが楽しめる。

=2018/12/07付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]