中間市の惣社宮に「亥」の巨大絵馬 平穏な新年願う [福岡県]

来年の干支の亥の親子が描かれた巨大絵馬
来年の干支の亥の親子が描かれた巨大絵馬
写真を見る

 中間市中尾の惣社宮は28日、来年の干支(えと)「亥(いのしし)」の親子が仲むつまじく並ぶ姿を描いた巨大絵馬を拝殿に飾り付けた。

 絵馬は縦約1・1メートル、横約1・8メートル。12年前に佐野正稔宮司(76)が作り始め、今年は息子の正靖禰宜(ねぎ)(48)が初めて製作。正靖禰宜は「今年は自然災害が多かったが、新元号に変わる来年は平穏であってほしい」と願いを込めた。

 31日は正靖禰宜が絵付けした絵馬125枚を惣社宮で販売する。大きいサイズは800円(税込み)、小さいのは700円(同)。

=2018/12/29付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]