福笹くじで縁起物 若松・十日えびす祭 [福岡県]

福笹くじで縁起物を手にする女性
福笹くじで縁起物を手にする女性
写真を見る

 商売繁盛や家内安全を祈る新春恒例の「十日えびす祭」が9日、北九州市若松区浜町1丁目の若松恵比須(えびす)神社で始まった。境内では「商売繁盛で笹(ささ)もってこい」の掛け声が響いた。11日まで。

 参拝者は今年の幸運を祈願し、熊手や宝船などの縁起物が当たる「福笹くじ」で運試しを楽しんだ。小倉南区の会社経営糀谷(こうじたに)千代子さん(63)は「元号が変わる節目の年。心も新たに、前向きな一年にしたい」と話した。参拝者は縁起物と一緒に、1年間を通して葉が落ちにくいため「福が落ちない」と人気の「福笹の葉」も受け取っていた。

 10日午前11時からは、神社近くの明治町銀天街とエスト本町商店街で「元気祭」と題した関連の催しを開催。おしるこの振る舞いや餅まきなどがある。

=2019/01/10付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]