新桃園市民プールが起工 事業費38億円 来年3月完成予定 [福岡県]

新しい桃園市民プールの完成イメージ図
新しい桃園市民プールの完成イメージ図
写真を見る
新しい桃園市民プールの完成イメージ図
新しい桃園市民プールの完成イメージ図
写真を見る

 北九州市が八幡東区の桃園公園内に整備する新しい桃園市民プール(室内)の着工式が5日、現地であり、北橋健治市長ら市関係者や工事業者が工事の安全を祈願した。事業費は約38億円で、2020年3月に完成予定。

 市スポーツ振興課によると、取り壊された屋外プールの跡地に2階建てで延べ床面積約6900平方メートルの新施設を建設。50メートル(8レーン)と25メートル(6レーン)、幼児・児童プールを設け、800席の観客席も備える。現在の室内プールは、新しいプールが完成するまで利用できる。

 同課は「市民の健康づくり、競技大会の開催、東京五輪・パラリンピックのキャンプ地誘致などに対応可能な施設とする」と話している。

=2019/02/06付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]