“パティシエの卵”が自信作 専門学校生が製菓作品展 リバーウォーク北九州 [福岡県]

写真を見る

 若いパティシエの卵らによる製菓作品展が16日、小倉北区のリバーウォーク北九州であった。チョコレートやあめ細工など4種類26作品=写真=が展示され、鮮やかできめ細かい作品に来店客は足を止めて見入っていた。

 大原医療福祉製菓専門学校小倉校の製菓コースの学生が、日ごろの成果を見てもらおうと「大原スイーツコレクション2019」と題して開催。学生たちは「恋するバレンタイン」「森の中のクリスマス」などのテーマで、約4日間費やして生地から仕上げた。

 展示した同校1年生の福田彩花さん(19)は「1年間勉強してきて、今回はうまくできた。将来はパティシエになりたい」と話した。

=2019/02/17付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]