延命寺臨海公園24日リニューアル スケートボード専用場や展望広場新設 北九州市 [福岡県]

リニューアルオープンする延命寺臨海公園のイメージ図(北九州市提供)
リニューアルオープンする延命寺臨海公園のイメージ図(北九州市提供)
写真を見る

 北九州市は小倉北区赤坂海岸にある「延命寺臨海公園」に、市内初のスケートボード専用練習場や展望広場などを新たに設置し、24日にリニューアルオープンする。事業費用は約2億4千万円。展望広場のベンチからは沿岸部の工場群を一望でき、市は「新たな夜景スポットとしても親しんでほしい」としている。

 同公園は1975年に開設され、野球場や多目的グランドがある。市は北九州スケートボード協会の要請も受け、隣接する廃油処理施設跡地を活用し、スケートボード専用練習場を新設。段差や手すり、斜面、くぼみなどの構造物を備えるという。

 同練習場の利用は土日祝日の午前10時~午後6時。このほか、バスケットボールコートや多目的広場も整備した。

=2019/03/16付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]