北九州マラソン値上げ フルマラソン1万円→1万2100円 警備員の人件費高騰で [福岡県]

北九州マラソン。ランナーたちは今年も小倉城など北九州ならではの風景を楽しみながら走った=2月17日
北九州マラソン。ランナーたちは今年も小倉城など北九州ならではの風景を楽しみながら走った=2月17日
写真を見る

 北九州マラソンの参加料が2020年から値上げされる。同大会が2014年に始まって以降、初めての値上げ。フルマラソンは2100円値上げされる。小倉北区で20日開かれた実行委員会の総会で決定した。

 実行委によると、人件費が高騰している警備員の人員確保などで安全対策費が年々上昇し、この5年で約2100万円増加。参加者の安全確保と大会の安定的運営のため値上げすることにしたという。

 参加料はフルマラソンが1万2100円に。2人一組で42・195キロを走るペアリレーマラソンが3700円増の2万1700円に。3、5キロを走るファンランでは、小中学生が200円増の1200円、高校生以上が600円増の3600円にそれぞれ値上げされる。来年の大会開催日は2月16日で検討中。

 全国的にもマラソン大会の参加料値上げが相次いでおり、福岡マラソンは今年から1万2800円(2千円増)、東京マラソンは来年から1万6200円(5400円増)となる。

 北九州マラソンは今年(2月17日)、約1万2200人が参加した。

=2019/03/27付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]