若戸大橋・トンネル無料化4ヵ月 洞海湾ルート分散化 通行1割増、1日5万1000台 北九州市調査 [福岡県]

無料化後に交通量が増えてきた若戸大橋
無料化後に交通量が増えてきた若戸大橋
写真を見る

 北九州市若松区と戸畑区を結び昨年12月に無料化された若戸大橋・若戸トンネルについて、市が交通量調査を実施したところ、1日当たりの交通量推計値が無料化前から1割強増え約5万千台(年平均)となった。洞海湾の南側の国道3号線などを使っていた人たちが、無料化により、国道199号や若戸大橋などに流れ、交通ルートの分散が進んでいる結果だ。

 市によると、通行台数を数える調査をしたのは2月14日午前7時からの半日。その数値と有料時の実績から推計すると、この日の24時間交通量は5万6110台となり、そのうち橋6割、トンネル4割の比率だった。1年前と比べると10・8%の増。特定の時間帯による違いは見られず、全体的に交通量が伸びたと分析している。

 さらにこのデータを使うと、年平均値は1日当たり約5万千台となり、無料化前実績の約4万5千台から約6千台の増加となった。無料化前は約6900台増えるとみていた。

 一方で同日、周辺地域の交通量も調査。それによると、八幡西区皇后崎の国道3号線などで交通量が減っていた一方で、若戸大橋・若戸トンネルにつながる若松区内の国道199号などで増えていた。

 市は「想定内の増加。無料化のプラス面も出ている。若松区の市街地活性化や新たな企業進出に期待したい」としている。

=2019/04/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]