五つの祭り、天神を熱く ユネスコ登録記念イベント、団結アピール [福岡県]

五つの祭り団体のトップを乗せて巡行する戸畑祇園大山笠の幟大山笠
五つの祭り団体のトップを乗せて巡行する戸畑祇園大山笠の幟大山笠
写真を見る
天神のビル街を勇壮に舁き回った博多祇園山笠の舁き山笠
天神のビル街を勇壮に舁き回った博多祇園山笠の舁き山笠
写真を見る
《唐津くんち》薄暮の中で、おどろおどろしい表情を見せる曳山「酒呑(しゅてん)童子と源頼光の兜」。幻想的な宵ヤマの雰囲気に沿道も酔いしれる=13日夜
《唐津くんち》薄暮の中で、おどろおどろしい表情を見せる曳山「酒呑(しゅてん)童子と源頼光の兜」。幻想的な宵ヤマの雰囲気に沿道も酔いしれる=13日夜
写真を見る
《八代妙見祭》激しく回転しながら沿道に突っ込もうとする亀蛇(きだ)に観衆は大喜び。驚きながらもカメラを向けるのを忘れない=14日午後
《八代妙見祭》激しく回転しながら沿道に突っ込もうとする亀蛇(きだ)に観衆は大喜び。驚きながらもカメラを向けるのを忘れない=14日午後
写真を見る
《日田祇園祭》交差点で勇壮に方向変換をする平成山鉾(やまぼこ)。きらびやかな山鉾が見せる力技だ=14日午後
《日田祇園祭》交差点で勇壮に方向変換をする平成山鉾(やまぼこ)。きらびやかな山鉾が見せる力技だ=14日午後
写真を見る
《博多祇園山笠》夜のビル街を走り去る舁き山笠。舁き手の所属を示す水法被もこの日ばかりはさまざまだ=13日夜
《博多祇園山笠》夜のビル街を走り去る舁き山笠。舁き手の所属を示す水法被もこの日ばかりはさまざまだ=13日夜
写真を見る
《戸畑祇園大山笠》山笠にちょうちんを組み上げる「五段上げ」。男衆の手慣れた動きで幟(のぼり)大山笠はあっという間に提灯大山笠に姿を変えた=13日夕
《戸畑祇園大山笠》山笠にちょうちんを組み上げる「五段上げ」。男衆の手慣れた動きで幟(のぼり)大山笠はあっという間に提灯大山笠に姿を変えた=13日夕
写真を見る

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産登録記念イベント「祭 WITH THE KYUSHU」は最終日の14日、福岡市役所周辺で2度目の特別巡行があり、博多祇園山笠の舁(か)き山笠と戸畑祇園大山笠の幟(のぼり)大山笠が同市・天神を回った。沿道からは盛んな拍手が送られ、観客は祭り気分に酔いしれた。

 戸畑では、待機場所から特別巡行のスタート位置まで、幟大山笠に九州五つの祭り団体(他に佐賀・唐津くんち、大分・日田祇園祭、熊本・八代妙見祭)のトップが乗り、観客の大きな拍手に手を振って応えた。5団体の団結をアピールする狙いで呼び掛けた戸畑祇園大山笠振興会の後藤雅秀会長は「九州は一つだということを示せた。これを機に数年に1回でも各市で合同イベントができれば」と話した。

 特別巡行には2日間で延べ300人が参加。この日も囃子(はやし)方が奏でる太鼓や笛の音に合わせ男衆が「ヨイトサ!」の掛け声を上げ、観客を魅了した。

 博多の舁き山笠は、イベントを締めくくる最後に登場。「オイサ!」の掛け声とともにビル街を駆け抜けた。高さ約7メートルの須佐之男命(すさのおのみこと)の巨大山笠は、左右に揺れ、舁き手には勢い水が飛んだ。七つの流(ながれ)(構成組織)の舁き手がぶっつけ本番で参加。呼吸を合わせるのが難しかったというが、東流の瀧田勝喜さん(37)は「まとまってできた」と力強く話した。

 記念イベントを中心になって実現させた博多祇園山笠振興会の豊田侃也(かんや)会長は「それぞれの祭りの良さをあらためて感じた。観客の皆さんも感動してもらえたのでは」と話した。

   ◇    ◇

 男衆の心意気、響き合う

 ユネスコが認めた五つの祭りが天神を熱狂させた2日間。オイサ、ヨイトサ、エンヤ…。互いに異なる掛け声と囃子(はやし)が共鳴し、男衆の心意気が響き合う。

 夫婦で見物に来た福岡市中央区の男性(72)は「天神に居ながら五つの祭りを楽しめるなんて最高」と笑顔。南区の会社員(38)は「祭りのスピード感がそれぞれ異なり面白かった」。東京から訪れた会社員の女性(30)は「山笠や曳山(ひきやま)が思った以上に大きくて驚いた。いつか現地に見に行ってみたい」と九州の祭りにすっかり魅了された様子だった。

=2017/05/15付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]