沖ノ島の女人禁制探る 米国出身、九州大のデウィットさん [福岡県]

女人禁制を研究するリンジー・デウィットさん(右から2人目)と宗像国際研究会のメンバー
女人禁制を研究するリンジー・デウィットさん(右から2人目)と宗像国際研究会のメンバー
写真を見る

 沖ノ島(宗像市)で守られてきた禁忌を研究している米国出身の女性がいる。福岡市に住む九州大訪問研究員のリンジー・デウィットさん(34)だ。宗教や歴史、民俗など多方面から迫れる沖ノ島研究の奥深さに魅了され、外国人の研究者仲間と宗像国際研究会を立ち上げた。「古代の沖ノ島だけでなく、宗像地域の歴史と文化を幅広く考えたい」と、ますます関心を強めている。

 デウィットさんは高校生のころから日本文化に興味があり、大学で仏教とジェンダーの関係を研究した。米カリフォルニア大ロサンゼルス校に在学していた10年ほど前、女人結界(女人禁制)を知り、参詣道の一部に女人禁制区域が残る奈良県の大峰山をテーマに博士論文を書いた。「変わった風習と簡単に考えるのではなく、日本の歴史と文化の一部に位置づけた」と振り返る。

 2013年に来日。京都の大谷大の研修員を経て、15年に九州大助教となり、沖ノ島研究を始めた。江戸時代の福岡藩の国学者青柳種信による沖ノ島滞在記録「瀛津島(おきつしま)防人(さきもり)日記」をはじめ、宗像大社に関する歴史書で知識を深めた。「防人日記は18世紀のブログみたいで面白い」とデウィットさん。

 大島(宗像市)の沖津宮(おきつみや)遥拝所や祭祀(さいし)遺跡がある御嶽山にも足を運んだ。昨年10月から日本の科学研究費を得て、沖ノ島における女人禁制の伝統と現代性を論考している。

 世界遺産登録を目指す「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」は国家的祭祀が行われた4~9世紀に焦点を絞っているが、中世以降の歴史や九州本土を含む地域の文化の豊かさにも目を向けている。

 昨年12月、沖ノ島に関心がある九州大などの外国人研究者4人で宗像国際研究会を設立した。出身はベルギーやイタリアなどさまざま。専門も日本の宗教史、古代史、美術史と幅広い。宗像地域の歴史と文化を学際的に研究し、沖ノ島をテーマにしたシンポジウムを来年、米国で開催したいと考えている。

 「女人禁制を残すことに私は賛成。なぜ(信仰の対象が)沖ノ島なのか、沖ノ島で何が行われたのか。謎を解きたい」。デウィットさんは目を輝かせる。

=2017/06/18付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]