朝倉市、東峰村の国道、県道 3区間の規制解除 [福岡県]

 県は6日、九州豪雨で全面通行止めになっていた朝倉市と東峰村の国道や県道の3区間で、交通規制を解除した。

 通行できるようになったのは、県道509号(塔ノ瀬十文字小郡線)と県道79号(朝倉小石原線)、国道500号が連なる朝倉市矢野竹と東峰村小石原を結ぶ区間(計約14・5キロ)▽東峰村宝珠山の県道52号(八女香春線)の宝珠山交差点-JR筑前岩屋駅付近の区間(約4キロ)▽東峰村宝珠山の県道107号(宝珠山日田線)の八女香春線交差点-大分県境の区間(約1・4キロ)。これまで朝倉市中心部と東峰村役場小石原庁舎を行き来するには山側の道路に回っていたが、県道509号~国道500号の通行再開で不要になる。

 ただ、県道509号~国道500号と県道52号の2区間の一部では、路肩や斜面が崩れたままとなっており、計5カ所を片側交互通行にしている。

=2017/09/07付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]