西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

「民陶むら祭」7日開幕 九州豪雨被災の東峰村 実行委「継続が大事」 小石原焼など格安で [福岡県]

小石原焼や高取焼を格安で販売する「民陶むら祭」のチラシ
小石原焼や高取焼を格安で販売する「民陶むら祭」のチラシ
写真を見る

 九州豪雨で被害を受けた東峰村の伝統工芸品、小石原焼や高取焼を格安で販売する「民陶むら祭」が7~9日、小石原地区で開かれる。特に被害が大きかった小石原鼓(つづみ)地区の7窯元の共同展示などもあり、主催の運営委員会は「多くの人に来てもらい、窯元を応援してほしい」と呼び掛ける。

 素朴な味わいの小石原焼や茶器の名品を生んだ高取焼が窯元や展示場に並び、毎年6万人が訪れる催し。

 今回の豪雨では、約50軒の窯元の半数以上が被災。作陶の中断に追い込まれたが、運営委は「民陶むら祭を続けることが大事」(森山元實委員長)と実施を決定。各窯元では商品作りのピークを迎えており、小石原焼陶器協同組合の柳瀬眞一理事長は「新米の季節だから茶わんなどが作られていると思う」と語る。

 7窯元の共同展示は同村小石原庁舎そばの小石原基幹集落センターで行われるほか、小石原焼伝統産業会館で、小皿と新米おにぎりセットの販売(600円、午前11時から先着100人)やフリーカップ絵付け体験(千円、午後1時から同50人)もある。

=2017/10/06付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]