西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

九州豪雨復旧に365億円 県補正予算案 対策費計1000億円超 砂防ダムや商品券 [福岡県]

 県は九州豪雨被災地の復旧・復興対策費365億8800万円を盛り込んだ12月補正予算案を固めた。道路や河川など公共土木施設の復旧に加え、商工業者の売り上げ回復に向けた支援が柱。12月1日開会予定の定例県議会に提案する。9月補正予算での643億円と合わせ、豪雨災害からの復旧・復興対策費は1千億円を超えることになる。

 豪雨で土石流や崖崩れが起きた場所に砂防ダムなどを新設し、今後の豪雨でのさらなる被害を防ぐ事業に105億円を計上。道路と河川をこれまで以上に豪雨に対して強くするための改良復旧工事に260億円を盛り込んだ。

 被災地では店舗や工場に損害を受けた商工業者が事業を続けられるかどうかが課題となっており、県は6100万円を投じてプレミアム付き商品券の発行支援も行う。被災地の商工会議所と商工会が発行を計画中で、販売額より多い額を利用できてお得感のある商品券により、被災地での消費を活性化させる狙い。発行に必要な経費について県が協力する。被災した国指定文化財の復旧支援費も計上する。

 財源の多くは国費や県債を発行して充てる。

 豪雨関連以外の補正予算案は、世界遺産登録された「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」の価値をPRするための事業費1400万円など。補正案の総額は366億1700万円で、補正後の本年度一般会計総額は1兆8285億円となる。

=2017/11/14付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]