歯医者さん開設 絵本図書館 「ビブリオキッズ」=福岡市南区 心育むくつろぎの空間 [福岡県]

記者の長女に読み聞かせをする「ビブリオキッズ」の安藤宣子さん。壁面には約9000冊の絵本と図鑑が並ぶ
記者の長女に読み聞かせをする「ビブリオキッズ」の安藤宣子さん。壁面には約9000冊の絵本と図鑑が並ぶ
写真を見る
写真を見る

 絵本が大好きな1歳の長女は最近、スマートフォンも気になる様子だ。もっと絵本に関心を持ってほしい-。そんな時、福岡市南区に「絵本と図鑑の親子ライブラリー(図書館)」があると知った。この図書館、歯医者さんが開設したという。30日の「絵本の日」を前に、長女と一緒に訪ねてみた。

 西鉄大橋駅から徒歩5分、ビル2階の小児歯科医院「こどもの歯科」隣に私立図書館「ビブリオキッズ」はある。靴を脱いで奥に進むと、壁一面に巨大な本棚。子ども用の机と椅子があり、木目の床が温かい雰囲気を醸し出す。

 「いらっしゃい」。迎えてくれたのは副館長の浜野良彦さん(70)。こどもの歯科など、福岡都市圏で三つの小児歯科医院を運営する医療法人の会長でもある。「絵本の貸し出しはしていませんが、ゆっくり過ごせるよう、授乳室やクッションも用意していますよ」

 本棚を仰ぐ。「バナナわに」「びっくりまつぼっくり」…。知らないタイトルがずらりと並ぶ。絵本作家4人による選書の棚もある。「日本語の絵本だけで7千冊。ほとんどがここ数年に出版された新作です」

 ほかに図鑑が約1500冊、外国語の絵本が約450冊。私立図書館としては全国有数の品ぞろえというが、「原点は待合室の小さなコーナーだったんです」と浜野さんは語る。

    ☆   ☆

 1988年の歯科医院開業時、浜野さんは待合室にぬいぐるみと木のおもちゃ、そして絵本を用意した。前者は治療でも活躍したが、絵本はいつも「日陰者」。そこで2009年に絵本コーナーを刷新。「小児科医が見つけた」の文言を掲げると、母親たちの目に留まった。絵本を抱えて診療台に上る子や、読み聞かせを楽しみに、治療時に涙をこらえる子が増えた。

 「子どもたちの自主性のスイッチが入るのを感じた」。浜野さんは医療における絵本の可能性を実感。12年、隣のテナントに図書館を開設した。現在は1日平均30人の子どもや親子連れでにぎわい、患者以外の一般利用も4割に上る。「地域の一員として、子どもたちの心を育むお手伝いができたらうれしい」

    ☆   ☆

 長女が絵本を読みたいと騒ぎ出した。司書の安藤宣子さん(47)に、1、2歳児向けの作品を選んでもらう。「くものこくーとそらのなかまたち」(さとうめぐみさん作)は、お菓子や動物の形の雲が登場。娘も「あかな(魚)」「キッキ(猿)」と興味津々だ。

 次は私の読み聞かせの様子を見てもらい、アドバイスを仰ぐことに。娘が差し出したのは「アンパンマンのとっきゅうれっしゃ」。「目的地にひとっ飛び~!」。テンション高めに読み上げるが、すぐに飽きたのか、次の本を探しに。

 すかさず安藤さんがお手本を見せてくれた。「ポッポー」「ガタンゴトン」…。文章にない汽車の音を口ずさむと、娘が振り向き、腕を前後に動かす汽車のポーズで笑顔を見せた。「(長女が)大好きな音で興味を引いてあげて。子どもは絵を読んでいるので、目線を追って(ページを繰るのを)待つことも大事」

 読んだ後の自然な気持ちを大切にするため、感想を尋ねるのはご法度。1冊を何度も読み、安心感につながる「お気に入り」を見つけることも大切だという。

 親子で訪れた福岡市中央区白金の佐藤優菜ちゃん(6)は、治療後にビブリオへ通って3年になる。母親の亨子(きょうこ)さん(45)は「新しい絵本を通じて親子で触れ合う時間が好き。娘にとっては治療のご褒美ですね」と笑顔を見せる。

 手軽な「スマホ育児」が広がる今だからこそ、想像力をかき立てる絵本の魅力が際立つ。「お気に入りの一冊」と出合いに、足を運んでみてはいかが。

 メモ 南区大橋3丁目の大橋プラザ2階。エレベーターはないが、1階の管理人室に頼むとベビーカーを上まで運んでくれる。開館は午前9時~午後6時(火曜と祝日は休館)。年末年始は12月29日が正午閉館、同30日~1月3日は休館。入館、閲覧は無料だが、初回は利用登録料が1家族につき500円必要。

■「絵本の日」前に26日記念の催し

 「絵本の日」(11月30日)は2012年、ビブリオキッズを運営する医療法人が「日本記念日協会」に申請して登録された。「制定5周年記念イベント」が26日午後1時から、福岡市・天神のアクロス福岡1階円形ホールで開かれる。「給食番長」などの人気シリーズを手掛ける絵本作家よしながこうたくさんが、トークや読み聞かせ、ライブペイントで会場を盛り上げる。入場料は1000円、中学生以下は大人と同伴で無料。定員150人で予約が必要。無料の託児もある。ビブリオキッズ=092(557)3272。

=2017/11/22付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]