北部九州の弥生人「戦乱逃れ渡来か」 飯塚市で古代史講座 [福岡県]

古代史講座での討論会の様子
古代史講座での討論会の様子
写真を見る

 考古学者の高島忠平氏が監修する連続講座「古代から未来のトビラを拓(ひら)く-イイヅカ発古代史情報最前線」の第4回講演会が20日、飯塚市内であり、170人が訪れた。

 土井ケ浜遺跡・人類学ミュージアム(山口県下関市)館長の松下孝幸氏は「弥生人と卑弥呼」のテーマで講演。人骨調査で日本人のルーツをたどる松下氏は、九州での弥生人の特徴を顔の長短や身長などから「北部九州・山口」「西北九州」「南九州・南西諸島」に分類。北部九州の弥生人は長い顔や平らな鼻の特徴から中国大陸からの渡来民と考えられるといい、「当時の中国は戦国時代。現代のシリア難民と一緒で、戦乱が人の移動を引き起こしたのでは」と推測した。

 高島氏を交え、埋葬法の甕棺(かめかん)についても議論した。

=2018/01/21付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ボートレース3連単直前予想

西日本新聞のイチオシ [PR]