福岡市で下関市の海と山の幸フェア 28日まで5店舗で開催 [福岡県]

海、山の豊かな下関の食材とそれを生かした料理
海、山の豊かな下関の食材とそれを生かした料理
写真を見る

 山口県下関市を代表するフグ、サワラ、鹿肉などの食材を生かした料理を楽しめる「しものせき海響の恵みフェア」が、福岡市内の飲食店5店で開かれている。28日まで。

 下関の食材の良さを広く知ってもらおうと、市が昨年に続いて企画。フェアに参加する店の料理人は昨年11月、下関市内の鮮魚市場やジビエ食肉処理場などを視察し、食材を選んだ。

 福岡市博多区の「中華レストラン蓮双庭」のシェフ、平賀大輔さんは4点のメニューを作った。「長州鹿のハンバーグ」(880円)について「臭みが全然なく、店員に振る舞っても評判がよかった。1人でも多くのお客さまに鹿肉を食べてほしい」とPRした。蓮双庭のほか、福岡市内の参加店は次の通り。

 【中央区】酒蔵レストランたから▽博多魚いち いっ笑【博多区】ひつまぶし和食備長 中洲川端店▽フランス料理オーグードゥジュール メルヴェイユ博多

=2018/02/07付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]