タイ総領事館開設を発表 ソムキット副首相来日 知事と会談 [福岡県]

タイ総領事館の福岡市内開設を小川知事(左端)に報告するソムキット副首相(右端)
タイ総領事館の福岡市内開設を小川知事(左端)に報告するソムキット副首相(右端)
写真を見る

 タイのソムキット副首相(経済担当)が8日、来日し、福岡市内での小川洋知事らとの会談で「タイ政府が総領事館の設置を承認したことを報告しにきた」と述べ、同市への開設を正式発表した。半導体や自動車、バイオといった産業が集積する福岡の特色を挙げた上で、「福岡はタイが目指す姿を実現している。特にタイでも力を入れているバイオ産業分野で協力を深めたい」と強調した。

 会談で小川知事は総領事館開設について「タイが日本の地方を大事にしている力強いメッセージで、両国関係の発展のシンボルになる。県民にとってタイがより身近になり、幅広い交流を期待する」と歓迎した。

 ソムキット氏は、公私で度々県内を訪問していることも明かし、「福岡に来ると幸せな気分になる。タイ人もきっと気に入る」と笑顔で話し、観光面で交流拡大に期待を寄せた。

 ソムキット氏ら訪問団はこの日、安川電機(北九州市)のロボット工場を視察した。

=2018/02/09付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]