タイのテコンドー代表も北九州で 東京五輪事前キャンプ [福岡県]

 北九州市は8日、2020年東京五輪のテコンドータイ代表が、事前キャンプを同市内で実施すると発表し、梅本和秀副市長がバンコクでタイのテコンドー協会と覚書を締結した。同市での事前キャンプは、同国の卓球代表に続き2件目。

 調印式で協会のタナディット・ラッタブ副会長が「施設が整っている」と評価。今後、代表選手が学校施設などで交流するプログラムを行うなど、友好関係を発展させる。

 北九州市は16年にタイのスポーツ公社と連携協定を結び、誘致交渉を進めてきた。タイのテコンドー代表は、16年リオデジャネイロ五輪で銀、銅メダルを獲得しており、活躍が期待される。

=2018/05/09付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]