留学生増見込み英語版のガイド 糸島市が無料配布 [福岡県]

英語版の「糸島ライフガイドブック」
英語版の「糸島ライフガイドブック」
写真を見る

 糸島市は、9月に九州大伊都キャンパス(同市と福岡市西区)への統合移転が完了することで外国人留学生が増加することを見込み、英語版の「糸島ライフガイドブック」を作製した。

 移転完了で2千人ほどの留学生が伊都キャンパスで学ぶ予定。糸島で充実した生活を送ってもらおうと、生活情報に市の歴史、文化、産業を盛り込んだガイド本を九大との連携事業として企画。同大工学研究院付属国際教育支援センターの田村美香助教が昨年度、インド、ベトナム、スリランカなどの留学生7人と地元を取材した成果をまとめた。

 生活に役立つ交通アクセス、バスの路線マップと時刻表、ごみの出し方などのほかに季節のイベント情報、二見ケ浦の夫婦岩といった観光名所も取り上げている。A5判のオールカラーで30ページ。市役所、九大などで無料配布している。2500部を作製し事業費は120万円。市地域振興課(平日のみ)=092(332)2062。

=2018/07/01付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]