都心部の夜空彩る6000発 大濠花火大会 周辺で交通規制も 8月1日 [福岡県]

写真を見る

 福岡市の夏の夜空を彩る「第56回西日本大濠花火大会」(西日本新聞社、おおほりまつり振興会主催)が8月1日午後8時から、福岡市中央区の大濠公園で開催される。午後9時半まで約6千発打ち上げられる。

 当日は周辺で交通規制が行われる。能楽堂北側は午後7時~11時、公園南西側は午後8時~11時にそれぞれ車両通行止め。黒門橋交差点から南方向は午後7時半~10時、大濠連絡派出所から西方向は終日、歩行者用道路になる。

 公園北側のかんぽ生命保険福岡サービスセンター横の入り口は午後7時半~9時、能楽堂横の入り口は午後7時50分~8時半が入場できないため迂(う)回が必要。市営地下鉄は午後5時台~11時台に臨時列車を66本運行する。

 荒天時は2日に順延。開催の可否は西日本新聞のホームページや自動音声案内(7月31日~8月2日)=0180(99)3895=などで確認できる。平和台陸上競技場の観覧芝生席は大人1200円、小中高生600円。チケットに関する問い合わせは、西日本新聞社企画事業室=092(711)5506。

=2018/07/30付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]