県自転車保険加入数1万件 運用開始から3倍に [福岡県]

 小川洋知事は14日、県の自転車保険の加入件数が8月時点で1万件に上り、運用を始めた昨年5月の約3600件から約3倍増えたことを報告した。県議会の代表質問で、公明党の新開昌彦氏の質問に答えた。

 小川知事は答弁で「保険加入は徐々に広がっている。自転車の小売業者などを通じ、県民に保険の必要性を訴え、加入を働き掛けていく」と述べた。

 県は増加傾向にある自転車による加害事故を減らすため、加入年齢に制限がなく年間千円~3千円の掛け金で最高1億円を補償する「ふくおかの県民自転車保険」を昨年4月に創設した。

=2018/09/16付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]