機動救難士・野田さん100キロ行軍出発 門司の7管本部から福岡航空基地へ [福岡県]

第7管区海上保安本部を出発する野田涼介さん
第7管区海上保安本部を出発する野田涼介さん
写真を見る

 第7管区海上保安本部福岡航空基地(福岡市博多区)の新任機動救難士、野田涼介さん(27)が4日、100キロ行軍に出発した。7管本部(北九州市門司区)から同基地までの道のりを走りきると、機動救難士の制服が貸与される。到着は5日午前の予定。

 100キロ行軍は、訓練期間を終えた新任機動救難士に課される恒例行事で、2007年に始まり、今回で9回目。機動救難士は全国9基地に81人しかいない救難のスペシャリストで、映画・ドラマ「海猿」の主人公も潜水士から救難士になったことで知られる。

 人命救助に憧れて志望した野田さんはこの日、7管本部であった出発式で「行軍を通して折れない心と精神力を身につけます」と力強く宣言。先輩機動救難士に見送られながら、力強く駆けだした。

=2018/10/05付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]