ホークス日本シリーズ進出 県内各地でファン歓喜 [福岡県]

グラウンドで、ホークスナインに大きな声援を送るファン=21日午後2時半すぎ、福岡市中央区のヤフオクドーム
グラウンドで、ホークスナインに大きな声援を送るファン=21日午後2時半すぎ、福岡市中央区のヤフオクドーム
写真を見る
8回のホークスの攻撃で歓声を上げるファン=21日午後3時50分すぎ、北九州市小倉北区のリバーウォーク北九州
8回のホークスの攻撃で歓声を上げるファン=21日午後3時50分すぎ、北九州市小倉北区のリバーウォーク北九州
写真を見る
商店街の通りに設けられた観戦スペースでホークスを応援する人々=21日午後4時ごろ、福岡市博多区の上川端商店街
商店街の通りに設けられた観戦スペースでホークスを応援する人々=21日午後4時ごろ、福岡市博多区の上川端商店街
写真を見る

 21日、プロ野球パ・リーグの福岡ソフトバンクホークスがクライマックスシリーズ(CS)のファイナルステージを制し、日本シリーズ進出を決めた。「難敵」西武ライオンズ相手に、5戦目を3連勝で飾って一気に勝負を決めたホークスの戦いぶりに、県内各地から歓声が上がった。

▼ヤフオクドーム

 福岡市中央区のヤフオクドームではグラウンドやスタンドにファンが詰めかけ、パブリックビューイング(PV)を楽しんだ。西武が追い上げる場面で那珂川市の自営業、岩重雅夫さん(45)は「追いつかれないよう早めに得点圏に走者を進める攻撃をしないと」と、はらはらした様子で試合を見守った。

 最後は1点差で逃げ切ったホークス。山口市の会社員、藤井正則さん(44)は「シーズンの悔しさを晴らせた。2位からの進出は初めてとはいえ、広島よりも多くの経験値を上積みしているチーム」と、日本シリーズでの勝利を期待した。

▼北九州・飯塚

 北九州市小倉北区のリバーウォーク北九州のPVでは、同市八幡東区の会社員入佐進悟さん(32)がメガホンなどを手に盛り上げた。「最終回、森唯斗投手が締めてくれた。日本シリーズ進出は本当にうれしい」と興奮気味に話した。

 飯塚市の軟式少年野球チーム「二瀬スネーク」のメンバーは練習中、保護者からホークス勝利を聞いた。

 最優秀選手に選ばれた柳田選手のファンという同市の伊岐須小6年、藤川純乃介君(12)は「勝って安心した。家で(録画した)試合を見てプレーの参考にしたい」と笑顔。同級生でチームメートの河島蒼太君(12)も「西武に大差で負けたこともあったけど、打ち勝ってくれたのでうれしい。苦しいときに打線が爆発して粘るプレーを続け、日本シリーズを連覇してほしい」と期待を込めた。

▼上川端商店街

 福岡市博多区の上川端商店街は、天井からスクリーンをつり下げてPVを実施。詰め掛けた約120人の中には海外客もおり、PV初体験という台湾の観光客、揚哲豪さん(31)は「重要なシーンを共有できるのは楽しい」。

 先制したホークスの勢いそのまま、六回の柳田悠岐選手の本塁打に「出たあーっ」と叫んだのは、広島市の自営業中村茂さん(58)。「外野フライと見せかけてホームラン。お見事」と、うなった。勝利が決まると商店街の宣伝部長、久保純一さん(60)は「商店街が盛り上がってうれしい。日本シリーズのPV準備でまた忙しくなる」とうれしい悲鳴を上げた。

=2018/10/22付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]