やすらぎ荘支援 絵や書350点即売 24日まで天神・エルガーラホール [福岡県]

チャリティー作品即売展の作品を見る来場者
チャリティー作品即売展の作品を見る来場者
写真を見る

 筑前町の在宅心身障害児者療育訓練施設「夜須高原福祉村やすらぎ荘」を支援する第42回チャリティー作品即売展が22日、福岡市・天神のエルガーラホール7階で始まった。24日まで。

 九州・山口在住やゆかりのある画家、陶芸家、書家ら約230人が創作した約350点を展示販売。今年3月に亡くなった青磁の人間国宝の中島宏さん、薩摩焼の十五代沈壽官さん、昨秋に人間国宝に認定された小石原焼の福島善三さん、文化勲章を受章した画家の野見山暁治さんの作品などが並ぶ。

 人気作品は抽選や入札で販売。通常の半額以下で購入できる作品もある。収益はやすらぎ荘に寄付され、施設運営に充てられる。

=2018/12/23付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]