那珂川市立小の3人が給食でアレルギー コロッケ誤発注 [福岡県]

 那珂川市教育委員会は、10日に給食を食べた市立小の児童3人にアレルギー症状が出て、うち2年男児が救急車で搬送されたと、11日発表した。食材の誤発注が原因といい、市教委は「発注方法の確認など再発防止に努める」としている。

 3人は同じ小学校で他の2人は1年男女。いずれも乳成分に対するアレルギーがあった。2年男児は呼吸困難など重い症状が出たが、入院はせずに帰宅した。

 市教委によると、食材は市学校給食会が一括発注し、全7校が同じメニューだった。その際、全ての野菜コロッケを乳成分なしにする予定だったが、乳成分を含む野菜コロッケで発注してしまったという。

=2019/01/12付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]