「沖縄」を語って16年 西表名誉教授の公開講座終了 香蘭女子短大 [福岡県]

最後の公開講座で自らの名前と同じイリオモテヤマネコの帽子をかぶった西表宏名誉教授
最後の公開講座で自らの名前と同じイリオモテヤマネコの帽子をかぶった西表宏名誉教授
写真を見る

 香蘭女子短大(福岡市南区)の西表宏名誉教授(68)が出身地の沖縄をテーマに16年間、続けてきた公開講座が終了した。3月で短大を退官したためで、受講者は延べ2千人に上ったという。「いつでも沖縄のドアをノックしてほしい」。ユーモアを交えた柔らかな沖縄言葉で琉球文化の魅力を語り続けた。

 沖縄の古代文学を専門とする西表さんが公開講座を始めたのは2003年11月。最初のテーマは「沖縄病」だったという。沖縄を訪問した影響で過度に好きになることを指した言葉。のんびりと気楽に過ごす風土に加え、外の人を迎え入れる優しさにひかれると解説した。その一方で、「相反するようだが、その人なつっこさは、人を警戒するあまりとも言える」と地元出身らしい解説も添えた。

 16年間、西表さんが公開講座を続ける動機となったのは福岡在住の沖縄出身者の「先輩」が亡くなる前に伝えた言葉だったという。「くとぅばわしね しまわしーん(言葉を忘れると、島をも忘れる)。遠い福岡の地で沖縄のことを語ってほしい」。心に刻んだ。

 講座は年1、2回の割合で続けた。踊りや祭り、美意識…。福岡だけでなく沖縄の友人にも声を掛け、講座のたびに三線の演奏や琉球舞踊を披露してもらった。

 2月の最終回は、約30人の奏者や踊り手が駆け付け、会場は約300人の受講者で埋まった。西表さんはイリオモテヤマネコの帽子をかぶるサービスぶりだった。伝えるメッセージは16年間、変わらなかった。「沖縄を知ることで本土もよく見え、本土を知って沖縄が見える」-。

 公開講座は終了したが、別の形での開催を要望する声もある。「また公の場でできたらいいけど、これから考えます」。西表さんは今後も福岡の地で、琉球文化の伝道師を務めていく。

=2019/03/25付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]