アビスパ福岡新体制発表 会見にサポーター50人 「枝村選手が中心に」「今年こそJ1復帰」 [福岡県]

写真撮影に応じる新規加入選手や監督
写真撮影に応じる新規加入選手や監督
写真を見る
サポーターの子どもと笑顔で握手を交わす森本貴幸選手
サポーターの子どもと笑顔で握手を交わす森本貴幸選手
写真を見る

 福岡市・天神で10日に開かれたサッカーJ2、アビスパ福岡の新体制を発表する記者会見には、抽選で選ばれたサポーター約50人が集まった。井原正巳監督や新規加入選手の今季の意気込みなどに直接聞き入ったサポーターたちは、会見後の記念撮影やサイン会なども楽しんだ。

 井原監督の力強い「J1復帰」宣言に、昨年12月の名古屋とのプレーオフ決勝に敗れた記憶が新しいサポーターたちはうなずいた。

 清水エスパルスから移籍してきた枝村匠馬選手は「アビスパには優秀な選手が多く、未来を感じている」と抱負を語り、活躍を誓った。アビスパの前身、藤枝ブルックス時代からのファンという福岡市東区の増田昌司さん(41)は「枝村選手は、チームの中心になるのでは」と予想。井原監督の続投も支持し「プレーオフで見せた集中力を今年も見せれば、J1にいけるのでは」と期待した。

 レベルファイブスタジアムにいつも連れて行ってもらっている次男の幹大(かんた)ちゃん(6)も「アビスパが勝つとうれしい。大きくなったらサッカーを習いたい」と笑顔だった。

 同スタジアムでの受け付けボランティアなどをしている宇美町の安河内美和さん(44)は、「(川崎フロンターレから移籍してきた)森本貴幸選手など、ゴールを決められるフォワードの選手がたくさん入った。今年こそJ1復帰を」と力を込めた。

=2018/01/11付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]