博多人形師天平さん 糸島市でおひな様展 15日から、気品漂う30体 [福岡県]

自信作の「吉兆」と天平大雅さん
自信作の「吉兆」と天平大雅さん
写真を見る

 糸島市の博多人形師、天平大雅(本名・小田謙二)さん(62)がおひな様展を15~20日、同市前原中央3丁目の古民家レストラン「古材の森」で開く。天平さんは画廊で個展を開くことが多く、地元でおひな様をテーマにした作品展を開くのは初めて。

 天平さんは昨年の日展で自身2度目の特選に入った。今回は新作を含めて30体の人形を展示。ふくよかで気品の漂う表情の作品から細面の美人物まで心和む作品の数々が並ぶ。

 天平さんの工房と会場の古材の森はお向かい同士で、元々は地元の豪商一族の豪邸だった。古材の森では落語の会や筑前琵琶の公演が頻繁に行われており、ともに文化発信の場という縁から協力することになった。

 天平さんは「桃の節句らしく晴れやかな人形を展示します」と話している。見学自由。天平工房=092(323)0975。

=2018/02/11付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]