地元産ヒノキの積み木を新生児に 那珂川町が4月から [福岡県]

ウッドスタート事業で贈られるヒノキの積み木
ウッドスタート事業で贈られるヒノキの積み木
写真を見る

 木を子育てや暮らしに生かす木育事業に取り組んでいる那珂川町は、4月以降に生まれた町民に「ウッドスタート」として、地元産のヒノキを使った積み木のプレゼントを行う。

 町は面積の7割を森林が占め、林業が盛んな地域。ウッドスタートで幼い頃から木や森林に接することで、環境保護意識の高まりや林業活性化につながることを期待している。

 ウッドスタートを含む木育を実践している東京おもちゃ美術館(新宿区)の多田千尋館長と武末茂喜町長が2月27日、協力して事業を進める宣言書に調印。武末町長は「事業を通じて豊かな自然と、豊かな子育て環境を育みたい」と話した。

=2018/03/03付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]