飲酒運転撲滅願う曲贈る はぁとスペースに伊藤さん [福岡県]

山本美也子代表(左)に「笑顔の道」のCDを手渡す伊藤百花さん
山本美也子代表(左)に「笑顔の道」のCDを手渡す伊藤百花さん
写真を見る

 高校生2人が犠牲になった飲酒運転事故を歌で語り継ぐ伊藤百花さん(18)が、飲酒運転の撲滅活動を続けるNPO法人はぁとスペース(福岡市東区土井)の山本美也子代表(49)に自作の曲「笑顔の道」のCD100枚を寄贈した。

 「笑顔の道」は、粕屋町で2011年に起きた飲酒運転事故で長男を亡くした山本さんの話を聞き、作詞作曲したイメージソング。昨年夏に福岡市役所で開かれた「飲酒運転根絶フォーラム」で披露した。先月からは、この曲のミュージックビデオを動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開している。

 伊藤さんは、自分が通ったC&S音楽学院(同市早良区)の毛利直之学院長(62)と2月28日に同法人を訪問。CDを手渡された山本代表は「すてきな歌を多くの人に知っていただけるよう活用したい」と、支援者などに配布することを検討している。

 毛利学院長は「音楽で社会貢献するという学院の理念が具現化し、誇らしく思う」と話し、伊藤さんは「4月から大学に進学しますが、これまで頑張ってきたことを忘れず、歌い続けていきたい」と誓っていた。

=2018/03/07付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]