特攻服の中学生、今年も集結か 9日卒業式警戒ピリピリ 博多駅?警固公園?それとも… [福岡県]

JR博多駅周辺では、県警が警告の張り紙も出すなど既に緊張感が漂う
JR博多駅周辺では、県警が警告の張り紙も出すなど既に緊張感が漂う
写真を見る

 一昨年はJR博多駅前、昨年は福岡市・天神の警固公園、今年は-。福岡都市圏で中学校の卒業式がある当日夜、「特攻服」姿の卒業生らが街中で騒ぐ問題に、警察や自治体が頭を痛めている。今年、県内で卒業式が集中するのは9日。少年らの間では「第三の候補地」のうわさが飛び交い、関係者のぴりぴりムードが高まっている。

 福岡市によると、特攻服の少年少女は10年以上前から警固公園に集結。公園が改装工事で封鎖されたのを機に、2012年からJR博多駅前広場に移り、15年には男性駅員への暴行容疑で少女=当時(15)=が逮捕された。17年は中学生たちが厳戒態勢の博多駅を避け、舞台は再び警固公園に。200人以上が集まり、公園が一時封鎖された。

 服装は本人の自由だが、特攻服姿の集団が公共の場で大騒ぎすることに怒りや不安を覚える市民は少なくない。インターネット上には一連の騒動に関し「修羅の国」「昭和か」などの言葉が並び、福岡のイメージも損なわれている。

 少年らの大騒ぎを何とか封じ込めたい福岡市教育委員会は2月、特攻服で公共の場に集まらないよう各校に生徒指導を要請。当日は教員によるパトロールも依頼した。だが学校現場には「博多か天神か、どこに行けばいいのか」と戸惑いが広がる。

 JR九州などは博多駅前広場の一部を通行止めして、中学生たちが広場にとどまれないようにする。こうした中、大濠公園(中央区)を少年たちが候補地として検討しているとの情報も。県警は市内の主要施設に警察官約200人を動員予定で、県警少年課の中村宗雄次席は「一般人に威圧感を与えるなら看過できない」と、特攻服の着用は補導対象になると強調する。

 彼らは何のために集まるのか。不良少年の立ち直り支援に取り組む市内の男性は「集まる場所は人が多いのが条件。注目を集める中で記念撮影をしたいようだ」と話す。

 少年らの派手な刺しゅう入りの特攻服には「極悪非道」など物騒な文字だけでなく、地域名を誇示するケースもある。先輩から譲り受けたり、仲間でおそろいを注文したり。大半は暴走族のメンバーで、無料通信アプリのLINE(ライン)で情報交換しているという。

 博多駅近くのサービス業男性(27)は「今年はどうなることやら。迷惑な話だ」と話した。

=2018/03/08付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]