博多バイパス全線開通 国道3号渋滞緩和に期待の声 [福岡県]

大勢の地域住民も見守った国道3号博多バイパスの開通式
大勢の地域住民も見守った国道3号博多バイパスの開通式
写真を見る
写真を見る

 福岡市東区の国道3号博多バイパス(下原-二又瀬、総延長7・7キロ、全6車線)が17日、着手から半世紀ぶりに全線開通した。

 開通式には高島宗一郎福岡市長や工事関係者など約250人が出席。九州地方整備局の増田博行局長は「国道3号の渋滞緩和で周辺の生活道路の安全性も高まる。市の発展に寄与することを願う」とあいさつ。

 式典前には、真新しい車道でウオーキング大会も開かれ、約千人が香椎高架橋から下原まで往復3キロを歩いた。東区香住ケ丘の金山正子さん(70)は「見たことのない風景が広がっていた。渋滞がどれくらい緩和されるか楽しみ」と話した。

 博多バイパスは1968年度に事業着手し、71年度に着工。最終3・3キロ区間(下原-多々良中西交差点)の工事がこのほど終わった。全線の総事業費は481億円。

=2018/03/18付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]