1.2トンの大注連縄 80人がかりで掛け替え 糸島・二見ケ浦海岸の夫婦岩 [福岡県]

夫婦岩に向けて大注連縄を運ぶ氏子たち
夫婦岩に向けて大注連縄を運ぶ氏子たち
写真を見る

 大型連休の行楽客でにぎわう糸島市の二見ケ浦海岸の夫婦岩で30日、恒例の「大注連縄(しめなわ)掛祭(かけさい)」があり、そろいの法被を着た桜井神社の氏子たち約80人が力を合わせて大しめ縄を掛け替えた。

 氏子がわらでなった3本の大縄を、さらにより合わせてこしらえた大しめ縄は長さが36メートル、重さは約1・2トン。中には参拝客が家内安全などの願いを込めた祈願書も納められている。

 今年は高さ約8メートルの海中大鳥居が21年ぶりに塗り直された。氏子たちは雅楽の調べが流れる中、お化粧直しを終えた鳥居横を歩いて夫婦岩に大しめ縄を運んだ。

=2018/05/01付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]